営業転職情報|実際の利用者がおすすめする求人サイトランキング

 

 このサイトは、営業転職情報を専門的に取り扱っている情報サイトです。営業職の転職先を探している、という方には隅から隅まで読んでもらいたい情報ばかり!ぜひとも参考にして、転職を成功させてください。

 

 現在、営業職の需要は高まってきていると言われています。各種業界の営業求人が出ている状況です。とはいえ、業界によって営業の内容も全く異なってくるので、どこを選べばいいのか分からず悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。
 そのような方は、下記の転職支援サービスを有効活用するといいでしょう。転職コンサルタントから的確なアドバイスをもらうことができます。業界に精通している専門家からの意見を無料でもらうことができるので、積極的に活用していきたいものです。

 

リクナビNEXT[豊富な情報量!]
詳細
★★★★★
 リクナビNEXTは、業界最大手のリクルートグループの転職サイトです。特徴は、各種専門業界の求人情報を扱っているということ。IT系やクリエイティブ業界などの案件も探すことができるので、本当に自分が働きたい職場を探すことができます。  ネット検索を使って自分好みの企業を気軽に探すことができます。
リクルートエージェント[高効率のエージェント!]
詳細
★★★★
 同じくリクルートグループの転職サイトです。こちらは、どちらかといえばコンサルタントによる個別対応に力を入れています。自分の状況にあったアドバイスをもらいたい、専門家から案件を紹介してもらいたい、という場合にはこちらを利用するのをおススメします。  様々なアドバイスが無料でもらえる非常に魅力的なサービスです。

試用期間の意味を理解しておこう

 

 試用期間とは、企業が正規雇用を前提に採用した社員に対し、適性や能力、勤務態度などを見極め、本採用するためかどうかを決めるための期間のことをいいます。

 

ビジネスの基本がお礼状

 

 社会人は、みながビジネスマナーを備えておくものではありますが、職種によってそれができていなければならない人もいれば、実際にはそこまで神経質になる必要はない人もいます。

 

会社から慰留には毅然と対応する

 

 営業職の転職は、他職種に比べると、門戸が開かれています。キャリアアップや年収アップを目指して、転職活動を進め、勤務先に対して、退職の申し出をするひともいることでしょう。

 

あまり無理がない退職理由

 

 退職が決まった場合は、会社本体は守秘義務規定に反しない企業であれば、特にとやかく言ってくることはありません。ましてや、営業ですから特別に問題はないはずです。

 

会社からの指示

 

 転職が決まって、転職先から指示される様々な手続があります。まずは、雇用保険の離職証明書と雇用保険被保険者証を提出します。この際、就職促進給付の対象になる場合は、通常会社側から指示がありますので、ハローワークへいく事を忘れないようにします。

 

退職日

 

 転職が決まったら、まず勤務先への退職への申出が必要です。年齢にもよりますが、営業への転職と言いますと、年齢的にも比較的若いのが普通なので退職規定を満たしていれば問題ないことが多いです。

 

企業側のことを知る

 

 面接対策で一番大事なのは、企業側のことをいかに知っていることかにつきます。営業を志望しているわけですから、企業の製品を販売しているシミュレーションをたててみてもよいでしょう。

 

志望動機は書類より具体的に

 

 志望動機ですが、あるていどは書類で伝わっていますから、残りは面接時間にもよりますが、自分自身のプレゼンにかかっています。自分自信のプレゼンというと、ここは営業志望ですから、いかに自分自信を上手売りこめるかにかかっています。

 

営業らしいマナー

 

 営業は、接客業ですからマナーに気をつかうのは当然のことです。しかし、この当然と思えることでも、人によって解釈が違うものです。マナーとは、あいさつを丁寧にすればよいレベルと、相手に失礼なく、自分に好感を持ってもらうまでと、各自でボーダーラインが違うものです。

 

営業経験がない見せるポイント

 

 職務経歴書は、企業側にとっては採用で一番に重要な書類です。職務経歴書をみずに、履歴書だけでポンと書類選考を通してしまう企業は、面接を重視している場合もありますし、使い捨て型かのどちらかです。