通常より短い

営業は見つけやすい

 

 転職までの機会ですが、営業は他の職業より見つけやすいのが特徴です。企業にとっては、スキルの高い営業は常に欲しいからです。企業が営業を採用する際、欲しい人材であれば、ハードルを下げてでも採用します。

 

 そして、実際に働かせてみて判断するのが通常です。中には、選考から厳しい企業もありますが、大企業が主です。営業を常に募集しているのは中小企業ですから選考に時間をかけている暇もないので、即、実践であたりがよければそれでよしという考えかたが大多数です。決まりやすいですが、リスクもありますので注意しましょう。

 

自分なりの期間を決める

 

 営業への転職は、何社か応募して即決になる場合もありますので、この場合は自分自身でもよく考えましょう。例え、営業であっても、自分なりの転職活動期間を事前に設定しておくべきです。

 

 初めての転職ですから、スカウトとは無縁です。あまりにも、テンポがよく決まっていくので、果たしてこんな短期間で決めてよいのかという疑問がわけばよいのですが、決まったほうの喜びが大きく、転職活動期間などは忘れてしまう方もいらっしゃいます。転職の希望先の候補が決まったら、十分に時間をかけて選択していく必要があります。

 

 

【関連記事】