慎重に見極める

意外と早く決まる

 

 営業への転職を希望する場合ですが、これは本人が考えている以上に早く決まります。営業という職種は、それだけハードルが低いからです。また、企業側も比較的多く採用するという特徴もあります。

 

 これは、何を意味しているかと言いますと、成績が上がらない社員は直ぐに、切るということの裏返しでもあります。営業成績が上がらない社員を使う企業はいませんので、早めに手を打つのが普通です。中には、新人から育てていく企業もありますが、それは少数派です。要は、入社しやすいですが退職も早いということです。

 

 

目先で決めない

 

 営業という職業は、どの企業も一番多く募集しています。これは、選考をきつくするより実際に勤務させて判断する方が早いからです。初めての営業でしたら、仕事の仕方から悩むのが通常ですので、最初は先輩がついてくれるスタイルか、予めレクチャーがある企業を選択するべきです。

 

 一口で営業といいましても、法人営業、個人営業、業種ごとの営業などとタイプが分かれますので、このあたりも注意する必要があります。営業スタイルでも違いますが、試用期間の給与を固定給にして、その後は歩合制に移行するケースもありますので、安易に決めないで時間をかけてしっかりと見極めましょう。

 

 

【関連記事】