仕事探しは幅広く

営業も種類がある

 

 営業に転職するといっても、様々な種類があります。法人営業、個人営業、業種ごとの営業などがあります。法人営業は、ある程度のチーム単位で行いますので、初めての転職でも、多少は情報が入ってきて仕事が入りやすいです。

 

 しかし、個人営業は自分自身で開拓していけなければいけないので、かなりの覚悟が必要です。業種ごとの営業ですが、これは専門知識が必要ですので、予め勉強の機会がありますので、入っていきやすいでしょう。

 

 入っていきやすいと言っても、企業訪問をしても相手側は、専門用語で話しますので、かなりの勉強が必要です。また、業界ごとの、認定試験などもあります。法人営業、業種ごとの営業は常に募集している企業も多く、気になっている企業があれば企業のホームページを見るのが早いです。

 

 

様々なツールを使う

 

 営業への転職は、見つけやすいからと言って、WEBサイトだけでは心持たないので、転職エ−ジェントやハローワークを利用するのも正しい情報を得られるという点でも有効です。

 

 必ずしも、転職エージェントやハローワークが提案する企業を選択しなければいけないという制約はありません。もちろん、良い案件がありましたら、それに向けて準備すればよいです。

 

 WEBサイトは、見つけやすいですが、情報が少ないですし、面接したら即採用というパターンが多いです。ここは、ワンクッションおける転職エージェントを利用するのも賢い手です。

 

 

【関連記事】