悪い求人は営業に多い

営業には悪い条件が多い

 

 営業の求人の中で、特に給与条件ですが、一見よく見えるようになっているのも多いです。それは、試用期間内には必ず保障してくれる固定給が高いというものです。試用期間内であっても歩合制は採用されていますので、営業成績が高い方は、当然のことながら総支給も高いです。

 

 しかし、一方で営業成績が振るわない方ですが、試用期間が終えたからと言っても直ぐに売り上げに結びつくわけではありません。一番、多くみられるのが、固定給部分が少なくて歩合給が異常に多くなっているケースです。

 

 試用期間中は保証されていても、それが過ぎると、一挙に給与が下がります、これは、企業側もわかっておこなっていますので、この段階で成績を出していない者方は退職へと追い込まれることになりますので給与条件は注意する必要があります。

 

 

交通費等が支給されない

 

 営業の方は、外回りが中心ですので、交通費(経費)が多くかかります。この経費ですが、求人票への記載をしていないケースもあります。交通費・接待などが限りなく低く、とても、通常ではまかなえない場合もあります。

 

 これは、事前の求人票では分からない点ですので、このあたり上限や精算の仕組も明確になっている必要があります。また、ノルマの記載がない、都合の悪い条件は全て軽く流しているケースもありますので、十分に注意しましょう。

 

 

【関連記事】