志望動機は最も大切

何故、志望したか?

 

 どの職業でも志望動機は非常に大切です。営業への転職希望の方は、職種柄難しくないような気がしますが、じっくりと考えなければなりません。何故かといいますと、営業の募集については、非常に応募者の求人窓口が広いからです。窓口が広いというのは、様々な分野の方が応募してくるということです。

 

 当然に営業経験者の応募もあります。一見、枠は広いように感じますが、未経験者にとっては、厳しいものがあります。これが、即、面接となるような企業は枠が広いですがあまり条件がよい企業とはいえないものがあります。

 

 初めて営業を志望した場合ですが、採用窓口が広いからと安易に考えずに、しっかりと、前向きに志望した理由を考えて書きましょう。

 

他の人と差別化できる方法

 

 志望動機ですが、いくら表現で熱く語っても、書面上では空振りに終わることが多いです。面接とは、異なりますので理路整然とした内容で、もっと知りたいという内容は評価が高いです。

 

 ここは、書類選考を突破する為にも他の人と差別化するポイントを作るのが重要です。それには、まず、応募企業の詳細な企業分析から始めます。初めての営業ですから、他人の言葉をかりていては、企業側に伝わりません。企業分析をもとに、具体的な商品などについてふれて、魅力ある商品であるなどの表現で書けば、ぐっとポイントは上がります。

 

 

【関連記事】