自分を売り込む

営業ならでは

 

 営業への転職で、自己PRを行う場合ですが、通常の職種の転職と違い、如何に自分自身のプレゼンが効果的であるかいなかが求められます。書面でのプレゼンといっても、どのように記載するか悩むところです。

 

 

 まず、自分自身の長所を知ってもらうことから始めます。ここで、社交性とかの表現ではなく、誰とでもコミュニケーションがとれる、相手から直ぐに好感がもたれるなどの表現がよいでしょう。

 

 また、趣味も多彩で、相手との話題にも、ことかかない、いつのまにか自分のペースにもってこられるのにも自信があるなどを、自分の言葉でPRすればよいでしょう。

 

 

企業分析したあとのPR

 

 自己PRといっても、全て自分のPRをすればよいというわけではありません。応募する企業について何も書かないのはPR不足です。企業の分野にもよりますが、身近に購入できる商品があれば、実際に購入してみた感想を添えるのも効果的です。

 

 簡単に買えない商品でも、ネットなどで調べて、企業がPRしている部分を自分なりに分析してみましょう。企業分析して、さらに、商品なども調べて、それにたいしての、コメントを述べた自己PRは、よく勉強していると評価されます。

 

 

【関連記事】