書類選考の第一関門

営業経験がない見せるポイント

 

 職務経歴書は、企業側にとっては採用で一番に重要な書類です。職務経歴書をみずに、履歴書だけでポンと書類選考を通してしまう企業は、面接を重視している場合もありますし、使い捨て型かのどちらかです。

 

 通常、それなりの企業であれば書類選考がありますので、いかに企業の方に注目してもらえるかが最大のポイントとなってきます。それは、やはり、全く営業経験がないと自分では思っていても、案外営業的な仕事もしているということもあるからです。

 

 例えば、専門的なプレゼンですが、営業担当者も行いますが、専門部分は自分が行ったなどがあります。これは、営業の一助になりますので大いに記載しましょう。

 

 

業務内容をわかりやすく

 

 職務経歴書ですが、営業経験がないからといって、あっさり書いていては書類選考も通りません。まず、いままで行ってきた業務の内容を先にまとめてみて、自分でも、かなり頑張って自信となっている部分は強調して書きましょう。

 

 それが、直接営業に関係しなくても、一つの業務で結果をだしたということを示す内容は、やはり評価に値します。業務内容がずっと同じの場合は、プロジェクトごとにまとめると企業側もわかりやすく、着目しやすい点になります。

 

 

【関連記事】