面接のマナーとは

営業らしいマナー

 

 営業は、接客業ですからマナーに気をつかうのは当然のことです。しかし、この当然と思えることでも、人によって解釈が違うものです。マナーとは、あいさつを丁寧にすればよいレベルと、相手に失礼なく、自分に好感を持ってもらうまでと、各自でボーダーラインが違うものです。

 

 営業だから特別に意識しなくとも最低限のマナーを日頃から心がけている方は、自然に身がついていますので、あとはプラスアルファをつければ、それで足ります。この基本的マナーをかりに、間違えて覚えているかたは、まず最低限のマナーを勉強するところから始めるべきです。

 

 営業らしいマナーとは、相手とのコミュニョケーョンを自然にとり、常に相手の話を聞くという姿勢が最たるのがマナーです。

 

 

マナーは話だけではない

 

 マナーといいますと、あいさつにはじまり、名刺交換、話題について歓談して帰るというのが一般的なところです。マナーの広い意味からいいますと、まず服装が挙げられます。華美でないスーツにシャツなどで、アイロンがしっかりとかかって、見た目もスッキリとしていることです。

 

 靴は当然、しっかりと磨かれています。営業で注意しやすいのは靴がすりへっていることが多いですから、このあたりにも気をくばります。

 

 

【関連記事】