期待されているもの

志望動機は書類より具体的に

 

 志望動機ですが、あるていどは書類で伝わっていますから、残りは面接時間にもよりますが、自分自身のプレゼンにかかっています。自分自信のプレゼンというと、ここは営業志望ですから、いかに自分自信を上手売りこめるかにかかっています。

 

 単純に、熱意を表すだけでは、プレゼンとしては失敗でしょう。まず、自分を採用したら、企業側に、これだけの働きができますなどが必要です。

 

企業側の期待度

 

 志望動機と企業側が求めている方向が一致しているにこしたことがありません。自分自身が、企業分析を考えたうえで、自信をもって述べるのは企業側にとってみても好ましいものがあります。

 

 企業側は、入社したら何をやってくれるのか、また何ができるのか?今までの業務内容でつながるものはあるのかなど色々と考えるものです。しかし、面接の場合は、時間に制約がありますので、如何に相手にインパクトを与えるかが強い志望動機につながります。

 

 また、面接の段階でコミュニケーションを既に発揮している方は、これだけでも好感をもたれます。さらに、アイコンタクト、あいづちのうち方、傾聴の姿勢、歯切れのよい応答、テンポ感がある話し方などは好感が持たれます。

 

 

【関連記事】