もれがないように

企業側のことを知る

 

 面接対策で一番大事なのは、企業側のことをいかに知っていることかにつきます。営業を志望しているわけですから、企業の製品を販売しているシミュレーションをたててみてもよいでしょう。

 

 基本的な数値、製品名は必ず覚えておくことです。また、業界の位置も把握しておくことです。特に、ライバル会社については、該当製品と比較しながら説明できるようにまで勉強しておく必要があります。

 

一般的な対策

 

 まず、緊張をときほぐすために、企業へは指定時間より早めにつくようにします。場所がわからず、時間ギリギリですと緊張感もピークに達してしまいますので落ち着いて面接というのは難しいでしょう。

 

 まずは、面接前に緊張をとるということが何よりも大切です。特に、交通機関の遅れなども予想されますので複数の機関をチエックして、何があっても指定時間に着くようにします。

 

 一般的な面接対策の中には、日頃の自分が無意識におこなっている癖なども含まれます。緊張すると、癖というものはどうしてもでやすいので予め意識して面接に臨みます。また、日頃から敬語間違いがくせになっている方は、その部分は無理に敬語では話さないで普通の表現にしましょう。

 

 

【関連記事】