そつがない理由を

あまり無理がない退職理由

 

 退職が決まった場合は、会社本体は守秘義務規定に反しない企業であれば、特にとやかく言ってくることはありません。ましてや、営業ですから特別に問題はないはずです。

 

 しかし、現職が技術系やプランニング系ですと、同じ職種でなくても、自社製品と競合する可能性がありますので、退職にかかる守秘義務の書類を交わすことがありますので、これは覚えておきましょう。法律的には規制はないのですが、情報守秘につきましては企業毎に規制があります。

 

 例えば、職種が違っても競合他社への転職は数年以内禁止などもありますので、これは、原則会社の規定に従わなければいけませんので事前に注意しておきましょう。

 

同僚や部下への対応

 

 かなりの若手ですと、転職していく人に対しては、あまり興味がないものです。現在では、転職という行為が珍しくないからです、しかし、年齢にかかわらず仕事の中核をなしている方は、仕事への不安などもあって、部下などが色々と聞いてくることも多いです。

 

 この際は、社名がオープンになっている以外は、答える必要はありません。答えても、分野程度までが精々です。また、一度聞いた人が二度質問することはありえませんので、やがて質問もなくなるものです。あとは、後任が困らないように、しっかりと引き継ぎましょう。

 

 

【関連記事】