営業の転職〜会社から慰留されたら〜

会社から慰留には毅然と対応する

 

 営業職の転職は、他職種に比べると、門戸が開かれています。キャリアアップや年収アップを目指して、転職活動を進め、勤務先に対して、退職の申し出をするひともいることでしょう。

 

 ですが、優秀な人材であればあるほど、強く慰留されることになります。特に、退職の理由を給与や残業・休日出勤の多さ、職場の人間関係など、会社への不平不満にしてしまうと、それを改善するからと、会社に対し慰留しやすい状況をつくってしまいます。

 

 そこで思いとどまったとしても、「一度は退職を考えた社員」というレッテルが貼られ、何かあったときに、それが跳ね返ってくることになります。退職を申し出るからには、どれだけ慰留されても、毅然と対応するという覚悟が必要です。それだけの思いで、退職の申し出を行ってください。

 

トラブルを避けるための心得

 

 とはいえ、転職後の自分のキャリアアップを考えると、勤務先を円満退職しておくことは、とても大切なことです。退職トラブルを避けるためにも、退職の時期が会社の繁忙期や決算期に重なり、後任人事や引き継ぎが難航するなどの事態が起こらないように、配慮する必要があります。

 

 また、営業職といっても、販売ノルマがあって、それを達成するだけで良いひとと、受注した製品やサービスの納品まで関わるひととでは、仕事が終わるタイミングが異なります。

 

 自分の担当の仕事はすべて納品し、会社にもクライアントにも迷惑をかけないように段取りをすることは、円満退職のための絶対条件です。退職日についても、会社側ときちんと話し合ったうえで決め、その後に転職先との入社日を相談するようにすることで、退職トラブルは回避できるはずです。

 

 

【関連記事】